スーパー次亜水(弱酸性次亜塩素酸水溶液)とは?

スーパー次亜水は、高い除菌力で、安全に低コストで使用できる除菌水です。

『信頼の実績』 多くの実験動物施設で選ばれています

納入先
滋賀医科大学 動物生命科学研究センター
京都大学 iPS細胞研究所(京都大学 合計10施設以上)
大阪大学 最先端医療イノベーションセンター
神戸大学 医学部附属動物実験施設
三重大学 生命科学研究支援センター
その他大学20施設以上、製薬会社など

スーパー次亜水システムにより、実験動物施設の衛生管理を一括化!!

スーパー次亜水生成装置から専用配管で施設内に供給します。
手指の洗浄から床・機材の洗浄、専用噴霧器による空間洗浄まで、実験動物施設の衛生管理を一括化します。
↓クリックで拡大

スーパー次亜水は『安全』で『低コスト』、さらに『消臭効果』もある除菌水です!!

安全で高除菌力 だから扱いやすい!!

弱酸性、低濃度(50ppm)で芽胞菌にまで効果のある除菌力を有します。
手洗いから、ケージ、汚物の処理まで幅広くお使い頂けます。
使い方も蛇口をひねるだけです。希釈などの手間もかかりません。
資料:各種微生物に対する効果表

ランニングコストを大幅に削減!!

従来の殺菌消毒の価格と比較すると約80%の薬剤コスト軽減が可能です。
スーパー次亜水のランニングコストは、1ℓあたり1円以下。
薬剤コストを大幅に削減できます。
除菌力が高く、殺菌スペクトルが幅広いので、これまで使用されていた消毒剤をスーパー次亜水に置き換えることができます。

ニオイにも効く!!

スーパー次亜水を噴霧することで、実験動物のニオイも軽減できます。
同時に空間の除菌もでき、更衣室などに設置し病原菌微生物の持込防止にも役立ちます。
資料:スーパー次亜水の噴霧による実験動物使用済床敷の消臭効果


スーパー次亜水の特徴

 スーパー次亜水は、消毒剤として使用されている次亜塩素酸ナトリウムを希塩酸でpH を5.5〜6.5付近の弱酸性に調整した除菌水です。
 弱酸性に調整することで、水中の有効塩素を次亜塩素酸イオン(OCl−)から次亜塩素酸(HClO)に変化させその含有率を高めています。

 次亜塩素酸ナトリウムの殺菌因子である次亜塩素酸イオン(OCl−)はイオン型で負の電荷を持つため、細胞内部に侵入できません。
 スーパー次亜水の殺菌因子は次亜塩素酸(HClO)で分子型で電荷を持たないため、細菌内部に侵入し内から攻撃します。
これが、除菌力の高さの秘訣です。

幅広い殺菌効果と、空間除菌力

スーパー次亜水は幅広い殺菌スペクトルにより、さまざまな菌やウィルスに効果があります。
資料:スーパー次亜水の殺菌効果
資料:スーパー次亜水のウイルス不活化効果

 また、空間を除菌できるので、動物施設への病原微生物の持ち込みや、動物施設からの持ち出しを予防できます。
資料:スーパー次亜水噴霧前後の落下菌数

スーパー次亜水のラインナップと設置例

中規模施設・ユースポイントを限定して使用する場合



Steri mini設置例
Steri Revo設置例

お客様の用途に応じた幅広いラインナップ

 シンク横に設置する小規模システムから全館配管に対応できるシステムまで、幅広くご用意しています。

写真クリックで拡大

『スーパー次亜水』単体でもご購入頂けます。


写真クリックで拡大

 小規模施設や一時的に使用する場合に、スーパー次亜水を容器に詰めてお届けします。
 2ℓ、5ℓ、10ℓ、20ℓからお選び頂けます。
(250ppm)

卓上型噴霧器により『スーパー次亜水』をお手軽にご利用頂けます。